商品紹介

畳縁(たたみべり)

畳縁(たたみべり)とは、畳の長手方向に付けられた布のことです。
畳表の角の摩耗を防ぐため、また畳を敷き合わせる際に出来やすい隙間を”しめる”などの役割があります。

03_001

畳縁は、模様や色によって身分等を表す時代もありましたが、今では自由に選ぶことができます。
素材も、綿糸や麻糸を蝋(ロウ)引きしブラシで磨き上げられた黒色または茶色の糸が使用されていましたが、 現在では化学繊維で織られたものが主流となり色数も豊富になりました。
その他にも、ペットボトルを再利用してできた糸なども用いられるようになり、移ろいゆく時代と共に、畳縁も変化を続けています。
クラシカルなものからモダンなものまで、様々な畳縁がございます。
施主様の好みやお部屋の用途に合わせて畳縁を選んで頂くと、きっとこれまでとは違った気持ちで、 畳のある生活を楽しんで頂くことが出来るはずです。畳縁は、お部屋だけではなく、畳の上で過ごされる方の気持ちまでも彩る織物です。

 

畳縁商品ご紹介

※各商品写真は畳縁商品の一部です。ご紹介した意外にも様々な畳縁商品がございます。詳しくは当店にお問い合わせください。

03_0001
03_0002
03_0003
03_0004
03_0005
03_0006
03_0007
03_0008
03_0009
03_0010
03_0011
03_0012
03_0013
03_0014
03_0015
03_0016
03_0017
03_0018
03_0019

03_0021

縁結びの神様

enmusubi_image_720424

畳の縁を彩る「畳縁(たたみべり)」の国内生産の35%を占める
トップメーカー、高田織物より、畳縁を使ってデザインした、新しいタイプの祝儀袋が開発されました。
和室の空間を美しく演出する畳縁。
1,000種類の中から選りすぐりの柄を配した祝儀袋。
畳縁の「縁」は縁起物の「縁(えん)」、ご縁の「縁(えん)」、縁結びの「縁(えん)」、大切な方々とご縁を結ぶ。そんな思いが込められています。enmusubi_image_02_720500

上記以外にも多数のデザインがございます。祝儀袋以外にも、不祝儀袋も取り揃えてございます。詳細は当店までお問い合わせ下さい。